JamJam.TV広辞苑
JamJam.TV広辞苑

【検索:キーワード】



内田恭子

カテゴリー:タレント:女

内田 恭子
本名:木本 恭子(きもと きょうこ)
1976年(昭和51年)6月9日
、日本のフリーアナウンサー、タレント。
ドイツ・デュッセルドルフ出身、神奈川県横浜市育ち、慶應義塾大学商学部卒。
元フジテレビアナウンサー。
個人事務所設立。
身長163cm。血液型A型。

来歴・人物

1976年6月9日、父親の赴任先だった当時の西ドイツ・デュッセルドルフに生まれる。
2歳で日本に帰国したのち、小学校5年から高校2年生まではアメリカ・シカゴで生活。
イリノイ州デアーフィールド高等学校(Deerfield High School)から神奈川県立外語短期大学付属高等学校へ編入。
またドイツ語は乳幼児の頃にしかドイツに在住していなかったため、まったく話せない。
生まれたとき、名前は当初「杏子」(読みは一緒)にする予定だったが、「杏」が当時人名用漢字の中に入っていなかったため「恭子」となった。補修校の同期にはTBSの豊田綾乃、元日本テレビの小野寺麻衣がいる。
1999年にフジテレビ入社。
同期アナウンサーは大橋マキ(現・フリーアナウンサー)と長谷川豊。
同期入社の大橋マキが注目をあびる裏で『FNNスーパーニュース』のフィールドキャスターとして全国をかけ回る。
『プロ野球ニュース』の終了および先輩アナの荒瀬詩織、宇田麻衣子、同期大橋の退社にともない2001年4月から5年間同局の看板スポーツ番組『感動ファクトリー・すぽると!』のスポーツキャスターを務めた。
同局の看板アナウンサーとして活躍したが、2006年1月10日、2003年春から交際中の吉本興業社員でダウンタウン・浜田雅功の元マネージャー木本公敏と婚約、同年3月31日で寿退社をし、退社後はフリーアナウンサー、タレントとして活動している。2006年7月23日、都内にて挙式。
テレビ番組に出演する際は、季節問わずほとんど「ノースリーブ」で出演しており、そのイメージからトリビアの泉において「消しゴムのケースをスリーブという」というトリビアが出た時に、スリーブを着けない状態の消しゴムをノースリーブを着た内田が持っている、というネタにされた。
巨人ファンである。

エピソード

フジテレビの入社試験の際に、カメラテストとして行う自己紹介で、内田は「人の心を読み取る力、観察する力、下着の色をあてる力は誰にも負けません」と自己分析している。
2004年、「すぽると!」の放送中に、当時中日に所属していた川上憲伸投手の名前を、かわうえ投手と読んでしまう。本人による訂正謝罪はないままだった。翌日の東京スポーツ一面は「ウッチー大失態!」と報道された。人名の呼び間違いはこれに止まらず、積水化学工業陸上競技部監督(当時)の小出義雄を、こいけ監督と読んだり、ジーコをじこと読んだり、大相撲の闘牙を、きとう関と読んだことがある。2007年11月MCを務める「ハッケン!!」内で思惑をシワクと読んだ。また、「すぽると!」の放送中で舌が回らずイランのサッカー選手メフディ・マハダヴィキアを「マハ・・・タ・・ビ・・ビキ」とまともに読めず詰まり噛む前の、読む以前の問題だと周囲を苦笑させた。本番中によく原稿を読み間違えてしまい、噛んでしまうことがあるので、別名「カミ様のうっちー」と言われた。
ケタはずれの音痴である。そのレベルは同じく音痴として有名なSMAP・中居正広以上ともいわれ、真剣に歌ったにもかかわらず、『すぽると!』の司会パートナーで、14年先輩の三宅正治アナから「ウッチー、真剣に歌え!」と言われるほどだった。また「FNS27時間テレビ みんなのうた」では、内田の音痴を矯正する通し企画が行われるほどだった。
イタリア・セリエAのジェノアに所属するエルナン・クレスポの大ファンでもある。
格闘家ボブ・サップを筆頭として、数々のスポーツ選手たちと結婚前に浮名を流し写真週刊誌にて激写されたことはあまりにも著名な話である。様々な現場を経験してきたが、自身はプロ野球選手を始めとしたスポーツ選手に連絡先を聞かれたことは一度も無いという(本人談)。これについて元ヤクルト監督の古田敦也は、「あれだけイヤそうな顔で球場来られたら、声はかけつらいですよ」と内田について語った。かつて巨人でプレーした上原浩治投手も、「すぽると!」に出演した際、内田に対してほぼ同様のコメントを残している。
2001年以降、番組「すぽると!」上で繰り返し流されたように内田自身、やたらとしつこく同僚の三宅アナに安易にセクハラ扱いを受けたり、嫁に行けといじられたり、内田自身と番組自体、両方とも安易過ぎるマンネリズムに陥っていた。
2005年2月、巨人軍の宮崎キャンプに同僚の三宅アナと取材に訪れた際、ブルペンで投球練習をしていた工藤公康投手の練習を妨害した。工藤の目の前で、延々と私語を続けていた二人に対して、工藤本人がその場にいた関係者を通じてブルペンからの立ち退きを要請した。集中力を切らした工藤も練習を早めに切り上げて当日の練習を終えた。「すぽると!」の放送内で、この件に関しての経過説明や謝罪は一切行なわれなかった。
2006年3月、番組「すぽると!」上で引退退社記念式を行い、花束をもらい拍手を受け涙を流した。後任の平井理央アナのキャラクターに対しては文句がなく、何度も「認めている」を連呼。
日本テレビより「NEWS ZERO」のキャスターを打診されたが、2007年3月まではCMを除いてテレビはフジテレビ系列の番組しか出演しない約束をフジテレビとしていることと、「NEWS ZERO」と放送時間が重複する「タモリのジャポニカロゴス」と「グータンヌーボ」(関西テレビ制作)に2006年10月以降も出演しているため断ったとされる。2007年4月からフジ系列以外のテレビ出演が可能になったといわれているが、入社以来自分をここまで育ててくれたフジテレビに対する恩義から、その後も長らくフジ系以外のテレビ番組には出演していなかった。その後、自身初のエッセー本「チョコレートと犬とベッド」を発売するのを機に他局へのテレビ出演をついに解禁することとなった(ラジオは2007年春からTOKYO FMでレギュラー番組を持っている)。テレビにおける民放他局初出演は、2008年6月7日放送のテレビ朝日「オーラの泉」(レギュラー番組では10月19日に開始する毎日放送の「地球感動配達人 走れ!ポストマン」)。
「はねるのトびら」のコントにてインパルスの板倉俊之が内田をまねて『イタッチー』として上記のエピソードをコントにしたことがある。月曜深夜時代、「すぽると!」の直後に「はねるのトびら」が放送されていたことから、直後に三宅アナと一緒に観ており「よく特徴をつかんでるなー」と言われた事があったという。また「はねるのトびら」に出演の際、「ウッチーとイタッチーの夢の共演」を果たしている。現在でも『スターだらけの大運動会』のコーナーでイタッチーが登場することがあるが、今では彼女をまねている面影もないため視聴者が気づきにくくなっている。
2008年4月23日に東京ディズニーシーで行われた母校である慶應義塾創立150年記念のイベントでは司会を務めた。
2008年6月7日放送の先述「オーラの泉」で、生まれつき心臓が悪いことを告白した。
相手の人のパンツの色を当てることができる(「ライオンのごきげんよう」で自ら暴露)。実際に共演者(ウエンツ瑛士)のパンツの色をあてた。

元TBSアナウンサーの海保知里やテレビ東京アナウンサーの水原恵理は就職活動時からの友人で、アナウンサー同期でもある。
1年後輩の千野志麻はフジテレビアナウンサー時代からの友人で、彼女の結婚式では元上司の露木茂とともに司会を務めた(結婚式には日枝久会長や村上光一社長などフジテレビ幹部や同僚アナウンサーが出席した)。
(Wikipediaより)


検索▲/TOP▲

50音順







     

           

ABC順
A B C D E
F G H I J
K L M N O
P Q R S T
U V W X Y
Z            

数字・記号
1 2 3 4 5
6 7 8 9 0




goo辞書 国語辞典/英和辞典/和英辞典
Yahoo!辞書 国語・類語・英和・和英の無料辞書
Dictionary.com

ポータルサイト広辞苑
カテゴリ登録/ ランキング/ 掲示板/ HP作成/ ブログ/ プロフィール/ メール/ ニュース/ 天気/ 占い/ 診断/ 交通/ 地図/ 検索/ 広辞苑/ 確認君/ ショッピング/ オークション/ 動画/ 映画/ テレビ/ 音楽/ 着うた/着メロ/ ラジオ/ メロディーコール/待ち音/ アフィリエイト/ お金/ 懸賞/ ゲーム/ 美容/ / ファッション/ 待受け/ 芸能/ 趣味/ 健康/ 住む/ 働く/ 学ぶ/ コミュニティ/ 出会い
(C)JamJam.TV