JamJam.TV広辞苑
JamJam.TV広辞苑

【検索:キーワード】



ふかわりょう

カテゴリー:お笑い芸人:男

ふかわ りょう
本名:府川 亮
1974年(昭和49年)8月19日
日本のお笑いタレント、俳優、エッセイストである。
ROCKETMAN(ロケットマン)名義でクラブDJ、ミュージシャンとしても活動
神奈川県横浜市港北区出身。
國學院高等学校、慶應義塾大学経済学部経済学科卒業。
所属事務所はワタナベエンターテインメント。
身長:178cm。血液型:O型。左利き。
従兄に漫画家の原哲夫がいる。

来歴

高校時代から芸人を志望しており、慶應義塾大学在学中の1994年にデビュー。
同期生はにしおかすみこ、TIMなど。
デビュー当初は、「コムシコムサ(フランス語で「ボチボチ」という意味)」というお笑いコンビを組んでいた。ピン芸人になってからは、長髪に白いヘアーバンドという風貌の高学歴芸人として「小心者克服講座」「アルトリコーダーの組み立て方」「ピーターパンの血豆占い」等に見られるシュールな一言ネタ、自虐的な笑いで「シュールの貴公子」の異名も頂戴した。
「小心者克服講座」ではBGM (DONNA McGHEE『MR.BLINDMAN』) にのせて、腰に手を当てて横揺れしながら「お前ん家の階段、急だな」「お前ん家天井低くない?」等、相手にちょっとしたダメージを与えるあるあるネタを発する、というスタイルで人気を博した。
しかし、ヘアーバンドを卒業してから次第に(本人の当初の願望とは裏腹に)いわゆる「リアクション系」「いじられ系」のキャラクターが色濃くなっていき、「貴公子」というキャッチフレーズも、いつの間にか「ポスト出川哲朗」という異名へと変貌してしまった。
現在ではすべり芸を定番とする。
髪型も、額と耳を覆い隠すマッシュルームカットとなり、共演者からしばしば「ヘルメットを取れ」と弄られる。
『内村プロデュース』(テレビ朝日系、以下『内P』)収録後の打ち上げの飲み会で「かまくら一番!」と命名されてからは、「かまくらカット」として定着していった。
また、『爆笑問題のバク天!』では、「茸」と弄られ、『クロノス』に出演した時は、ペアを組んだ岩佐真悠子から「ふかメット」と呼ばれていた。カット代は「何だかんだで、7000円」。
その頃は同じくマッシュルームカットがトレードマークであり、同じ「いじられ系」である南海キャンディーズの山ちゃんを意識している様子で、タモリに番組収録の合間に「山ちゃんとキャラがかぶってるんですが」と相談していたという。
『世界の果てまでイッテQ!』(2009年10月4日放送)の企画『世界の床屋さんでおまかせで頼むとどうなるの!?』で、トルコの理髪店にてお任せで散髪してもらい、短髪になった。
すべり芸用の持ちギャグに「ティン!!」「コラー!」「カチーン」「シュワシュワ」「ニー」「ター!」等がある。

音楽活動

幼少期から習っていたピアノはお笑い芸人屈指の腕前。
演奏難度の高い曲もこなし、時折バラエティ番組の企画で披露している。
その一方で、歌唱力の方はかなり難がある(NO PLANのメンバーの中では、内村光良に次ぐ音痴だった)。
また、慶應義塾大学に在学していた1993年から1997年には、南米音楽サークルである慶應義塾大学ラテンアメリカ研究会(現在の慶應義塾大学ラテンアメリカ音楽研究会)に所属し、ギターやピアニカでフォルクローレやボサノヴァを演奏していた。1998年に小西康陽(元ピチカート・ファイヴ)とユニット「ロケットマン」を結成。
2000年からはソロで、「ロケットマン」「もやしっ子」といった名義でクラブDJとして活動している。
ロケットマン名義でテレビゲーム『beatmania』に楽曲を提供する他、最近では自身が出演した映画『ピーナッツ』の音楽を制作。芸人活動の傍ら、「ロケットマン」等の名義でDJや作曲活動も行っている。映画『ピーナッツ』に関しては、監督である内村光良(ウッチャンナンチャン)の「映画音楽出来るか?」の何気ない一言から音楽を担当することになったという。これらの曲の評価も上々(内村から「そっち(音楽)の道へ進みなさい」と言われた)で、サウンドトラックとしてCD化されている。
2006年4月からは『ROCKETMAN SHOW!!』(J-WAVE)にロケットマン名義でのレギュラー出演。また、『さまぁ〜ずげりらっパ』(メ〜テレ)のテーマソングの作曲も行った。DJに関しては熱烈なファンもついており、またDJとしてリリースしたCDは2倍近くのプレミアが付く程で、芸人活動とは一線を画している。2006年5月放送のフジテレビ系ドラマ『ザ・ヒットパレード〜芸能界を変えた男・渡辺晋物語〜』では、ピアノが得意ということから若き日の中村八大役を演じた。
2008年12月、アイドルユニット・COSMETICSをプロデュースする事を発表。

人物

ネタは基本的に理詰めで考えていくタイプで、一言ネタにも笑いに対する彼なりのこだわりがあるようである。
一方アドリブには滅法弱く、「コラー!!」「ちょっと待って下さいよ〜!!」と、短絡的なリアクションを取ることもしばしばあり、その勢いで前に出て来ても途中で何も言うことがなくなってしまい、徐々にトーンダウンしてしまうケースが多い。
また、余計な一言を言いダメ出しを受けてしまう事も多いが、バラエティ等で的確なツッコミとなることも多い。一方、ラジオでははっきりと物事を言う姿勢が見られる。
自身のブログでは、世相や最近起きた事件等のコメントを主に書いており、お笑いの部分は殆ど見せていない。かなり裕福な家庭で育ったらしく、子供の頃は脚が速く(中学・高校で陸上部に所属)、クラスの人気者であった。
更に学業も優秀で、ピアノも上手に弾ける、まさに何でも出来る人間で、テレビなどを通して連想されるふかわのイメージからは想像も出来ない、いわゆる優等生だった。
両親もふかわを「亮ちゃん」と呼び、とても可愛がっている。尚、ふかわの両親は共にテレビ出演には好意的。2人の温厚で少しとぼけたキャラクターがウケ、息子の出演する『内P』『いきなり!黄金伝説』(テレビ朝日系)等の番組に幾度か出演している。更に映画『ピーナッツ』では、ふかわが扮する役の両親役として出演を果たした。
非常に涙脆く、先輩芸人や番組スタッフに泣かされてしまうこともしばしば。レギュラー出演していた『内P』のレギュラー放送最終回では、内村光良が「…お前あっての『内村プロデュース』だった!」という一言で泣かせようと思ったが、既に号泣していた。ふかわは最終回で30000ポイントを与えられ、累計ポイントでさまぁ〜ずやTIMを抑えて番組総合優勝を果たした(その時も号泣)。
『内P』では、さまぁ〜ず等に比べ笑いを取ることは少なく、ほぼ毎週番組内でポイントが最下位に甘んじていたが、ある日「事前に問題を知っていれば爆笑が取れる」と強気に発言。これに伴い、ふかわにのみ番組収録前に大喜利コーナーの問題を伝えて実力を見る企画が行われた(2004年10月25日放送「ふかわりょうの夢をプロデュース」)。その結果、6人中5位という中途半端な成績を収めた事から、内村からは「中途半端なんだよ」とツッコミを入れられてしまった。
後のインタビューで内村は「(内Pは)ふかわが重要なポイント、皆の『当てどこ・クッション』になることで番組が成立している」と語り、その時の対談相手だった高須光聖からは「ダウンタウンと山崎邦正みたいな関係だね」と評している。また、次長課長の河本は内Pに初出演した際の本番中ふかわに「内P見ていて、ふかわはつまんねぇと思ってたけど、あなた天才です」と語ったという。(『内村プロデュース DVD』特典映像の内村の証言より)なお、事実上の後番組である「内村さまぁ〜ず」に一切出演していないのは内村曰く、「内Pとの差別化」のためであり、内村は「いつかはゲストに呼ぶ」とのこと。
『爆笑問題のバク天!』にて爆笑問題が「爆笑問題とウッチャンナンチャンのどっちを取る?」と尋ねた所、迷わず「ウッチャンナンチャン」と答えた。理由は「(ウンナンの方が)大事にしてくれているから」だが、爆笑問題から「(俺達だって)大事にしてるじゃねぇか!」と責められた。尚、爆笑問題には「(まだ)壁を感じる」との事だが、彼らが司会を務める番組に出演している為、(多少の苦手意識はあるが)少なくとも本気で嫌っている訳ではない模様。一方、内村も親友と呼べる友達としてふかわの名前を挙げ、「心が通じ合う」と発言。しかし、南原清隆に「(内村は)扱いやすい人を親友にしている」と突っ込まれている。
慶應義塾大学内の調査で「最も恥と思うOB」NO.1に選ばれた。また、井筒和幸からは「無駄に学歴が高い芸人」と揶揄されている。但し、芸能人にありがちな一芸入試や推薦入試でなく一般入試で合格しており決して学力がないというわけではない。前述のように学生時代は秀才であった。現在多い高学歴を売りにしているタレントの中でも、それなりの学力がある方であり(クイズ番組などでたまに難問を正解する)、この調査はテレビでのいじられキャラを鵜呑みにしているだけの感がある。
愛車は、通称「黄色いワーゲン」だが、『内村プロデュース』の企画で三村マサカズにバンパーを破損されたり、カブトムシのような角を付けられるなど、散々な目にあっている。
趣味は、サービスエリア巡り。特技は、先述のピアノの他に人の家族構成を当てる事も出来るらしい。
2007年3月10日放送の『内村プロデュース』では、お笑いをやめて哲学者になった事を宣言している。そのせいか近年は非常に理屈っぽいコメントが多くなり、番組MCから本番中にも関わらず怒られることが増えたことも事実であり、『理由ある太郎』では内村に怒鳴られ、『Perfumeの気になる子ちゃん』では西脇綾香(Perfume)に怒られていた。
『ライオンのごきげんよう』(2007年11月8日放送)において、「自分は『mixi』には参加しておらず、偽物が自分になりすましてコミュニティを形成している」と発言した。自身のブログでも注意を呼びかけている。ふかわりょう BLOG: 第219回 2006年05月07日「偽ふかわにご用心」

出演

テレビ
Channel a(テレビ神奈川他全国31局、木 22:00〜22:54)
太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中。(日本テレビ、金 20:00〜20:54)※準レギュラー
サカスさん(TBS、水 13:53〜14:49)※コメンテーター

ラジオ
ROCKETMAN SHOW!!(ロケットマン名義、J-WAVE、土 26:00〜29:00)

DJ
第3金曜 三宿・WEB 「ロケットマンデラックス」
(Wikipediaより)



検索▲/TOP▲

50音順







     

           

ABC順
A B C D E
F G H I J
K L M N O
P Q R S T
U V W X Y
Z            

数字・記号
1 2 3 4 5
6 7 8 9 0




goo辞書 国語辞典/英和辞典/和英辞典
Yahoo!辞書 国語・類語・英和・和英の無料辞書
Dictionary.com

ポータルサイト広辞苑
カテゴリ登録/ ランキング/ 掲示板/ HP作成/ ブログ/ プロフィール/ メール/ ニュース/ 天気/ 占い/ 診断/ 交通/ 地図/ 検索/ 広辞苑/ 確認君/ ショッピング/ オークション/ 動画/ 映画/ テレビ/ 音楽/ 着うた/着メロ/ ラジオ/ メロディーコール/待ち音/ アフィリエイト/ お金/ 懸賞/ ゲーム/ 美容/ / ファッション/ 待受け/ 芸能/ 趣味/ 健康/ 住む/ 働く/ 学ぶ/ コミュニティ/ 出会い
(C)JamJam.TV